エリーサーブオートクチュール2024年から25年秋冬

エリー・サーブ オートクチュール 2024-25年秋冬「エンチャンテッド・セレナーデ」。ストーリー RUNWAY 雑誌。 写真提供:エリー・サーブ。

彼女の天上のダンスが地上の認識を超越するにつれ、エンチャンテッド セレナーデは終わりに近づきます。次の調和のとれた歌を待ちながら、彼女はエリー サーブ オートクチュール 2024-25 秋冬コレクションの神秘と畏怖の世界に足を踏み入れます。そこでは、それぞれの作品が豪華さ、神秘性、そして時代を超えた優雅さの物語を語ります。

エリー・サーブの最新コレクションは、驚くほどミニマリスト的なオープニングでデビューし、デザイナーのルーツを尊重しつつも新しい領域に踏み込む雰囲気を醸し出しました。最初のルックは、黒いベルベットの体にフィットするマーメイドドレスで、サーブのクチュールの技と新鮮なビジョンが出会う世界を観客に紹介しました。装飾を排したドレスの揺れるトレーンは、そのシンプルさの中にドラマチックさを感じさせ、サーブの一貫性と時代を超えた魅力を象徴しています。

4 エリー サーブ オートクチュール 2024年秋冬 25 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

3 エリー サーブ オートクチュール 2024年秋冬 25 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

2 エリー サーブ オートクチュール 2024年秋冬 25 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

1 エリー サーブ オートクチュール 2024年秋冬 25 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

コレクションの最初の段階は、真っ黒なスペクトルで展開され、徐々にルビーとエメラルドグリーンの深い色合いへと移行しました。この進化は、まばらな刺繍や、羽や花のアップリケの華やかなトーンオントーンの装飾で飾られた、なめらかでしなやかな形状によって特徴づけられました。ドレープ、ルーシュ、ベールレースのレイヤーの相互作用は、コレクションの夜の色調によって抑えられ、冗長性を避けました。このゴシックの豪華さは、サーブの通常の黄金の女神の輝きとは対照的で、女性らしさの神秘的で贅沢な側面を暗示しています。

暗闇から現れた、月の光のような銀色のスパンコールで飾られたガウンは、この世のものとは思えない優雅さの真髄をとらえています。ボリュームたっぷりで刺繍がふんだんに施されたこれらの作品は、官能性と豪華さをバランスよく調和させるサーブの技巧を披露しています。クリスタルビーズのシフォンとオーガンザがきらめく魅力を添え、どの作品も前のものより豪華になっています。コレクションのフィナーレは、淡い金色の渦巻き模様で精巧に刺繍されたピンクのチュールの傑作、ラ マリー ドレスで、贅沢さの頂点に達しました。ガウンの堂々としたトレーンは、おとぎ話に出てくる王家の結婚式のイメージを呼び起こし、忘れられないショーストッパーを創り出すサーブの好みを体現しています。

エリー・サーブのオートクチュール 2024-25 秋冬コレクションは、デザイナーの不変のビジョンと革新の証です。それぞれの作品が魅惑と優雅さの物語を語り、時代や流行を超えた天上のダンスに私たちを誘います。次の調和のとれた歌を待ちながら、サーブの作品は、真の美しさは神秘と熟練のバランスにあることを思い出させてくれます。

エリー サーブ オートクチュール 2024-25 秋冬コレクションの全ルックを見る



フランス、パリ4区からの投稿です。