RUNWAY – ファッション、イノベーション、世界的な影響力を巡る旅

RUNWAY: ファッション、イノベーション、世界的な影響を巡る旅。マイルストーン。未来を受け入れる RUNWAY マガジンの遺産。

魅惑的な創世記 RUNWAY マガジン

かつて、活気に満ちたニューヨークの街で、ファッション大国となるものの種が蒔かれました。この物語は単なる始まりの回想ではありません。それはの記録です RUNWAY MAGAZINE は、夢、創造性、そしてファッション コミュニケーションを再考する大胆さが織り交ぜられた物語です。 1995年、メトロポリタン庁で働く元気な若いモデル、エレオノーラ・デ・グレイが、 runwayニューヨーク、パリ、ミラノにあります。しかし、本当に注目に値するものの始まりを告げる、彼女がパレードしたファッションそのものについての洞察を声に出したいという彼女の願望でした。

先見の明のある写真家、クリエイティブなスタイリスト、才能あるメイクアップ アーティストといった小さな友人たちに加わり、エレオノーラは大胆かつ革新的な冒険に乗り出しました。彼らは一緒に、ファッションに対する独自の視点を反映した記事、コラージュ、似顔絵画像を作成しました。彼らは総合的な才能を結集して、これらの作品を昔ながらのレイアウトで組み立て、「」に命を吹き込みました。RUNWAY」を新聞・雑誌として掲載。数百部印刷されたこの作品は、単なる紙とインク以上のものでした。それは彼らが共有する情熱と芸術性に包まれた批評の証でした。

As RUNWAY ニューヨーク ファッション ウィークのバックステージ エリアでデビューし、何の疑いも持たないゲストの席に密かに置かれ、ささやかれた秘密から大胆なステートメントへの旅が始まりました。 Issue After issueシーズンごとに、遊び心のある実験として始まったものは、ファッションコミュニティ内で共鳴する声へと進化しました。この雑誌の風刺的なエッジと率直なイラストは、作者の想像を超えて読者を魅了しましたが、その影響力の範囲は謎に包まれたままでした。

何人の人がこれらの漫画や風刺パンフレットを読んだり、面白い写真を見たりしたのか、誰も本当に知りません。 RUNWAY 雑誌。 編集者やそのアシスタントが何人かは誰も知りません。 RUNWAY 雑誌に真剣に取り組み、独自のストーリーを書きました。 どれだけ多くの映画が使用されたかは誰にもわかりません RUNWAY インスピレーションとして…多くの人が見たように RUNWAY それは、輝かしく、創造的で、実存的でさえあるものの表現として、また、制約された存在を超えた可能性の啓示として。一度だけではなく、 RUNWAY 映画制作とテレビシリーズのためにその名前をライセンスしました。 

編集者、アシスタント、さらには映画制作者も RUNWAY インスピレーションの源であり、現状に挑戦する輝きと創造性のキャンバスであり、ファッションの本質が従来の存在の境界を超えることを示唆しています。

この元気いっぱいのベンチャー企業が具体的な事業に変わるまでには 2004 年かかりました。 XNUMX年にエレオノーラ・デ・グレイが設立 RUNWAY フランスのパリにマガジン初の公式オフィスが開設され、マガジンの物語に新たな章が始まります。当初は地元市場をターゲットとしていたが、 RUNWAY すぐに地理的な限界を超え、国際舞台でイノベーションと創造的卓越性の標識として浮上しました。

今日、 RUNWAY MAGAZINE はファッションとラグジュアリー市場の先駆者としての地位を確立しており、その独創的なソリューションと比類のない「すぐに使える」プロジェクトで知られています。ささやかな始まりから、主要な国際企業としての現在の地位まで media 強大な力を持つ、 RUNWAY MAGAZINE の旅は、ビジョン、コラボレーション、そしてファッションの物語を再定義するという絶え間ない追求の力の証です。

バレンチノピンクスペシャル Issue 2022年から2023年秋 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

マイルストーン

1995: 打ち上げ

  • エレオノーラデグレイ、若いモデルが友達と一緒に最初の写真を印刷します。 issue of RUNWAY 雑誌を発行し、ニューヨークファッションウィーク中に配布します。

1996: 拡張

  • RUNWAY 雑誌は何千部も印刷され、ニューヨーク ファッション ウィーク中にエレオノーラとそのチームによって配布されました。

1997: チームの成長

  • 制作チームはファッション評論家、写真家、スタイリスト、メイクアップアーティストを含む10名に増加。

1998: 専門家の関与

  • 業界の専門家が参加 RUNWAY 雑誌チームは、パリとミラノのファッションウィーク中の配布を支援しました。

1999年: 事業設立

  • エレオノーラ・デ・グレイが初結成 media サービス会社、基礎を築く RUNWAYの未来。

2000年:再branding

  • RUNWAY 雑誌が最初に印刷されます issue フランスのパリで。

2001: フランスで配給

  • 5000部 RUNWAY MAGAZINE はフランスで配布され、地元市場でのデビューを果たしました。

2002: ヨーロッパへの拡大

  • イタリアやスペインにも分布を広げ、拡大中 RUNWAYのヨーロッパの聴衆。

2003: ベンチャーステータス

  • RUNWAY マガジン社がベンチャーとなり初の出資を受け、事業基盤を固める。

2004年: パリ事務所

  • 最初のオフィスは、 RUNWAY MAGAZINE がフランスのパリにオープンし、ニューヨークのオフィスやデザインスタジオに続く恒久的な拠点を確立しました。

2005年: イベント協賛

  • RUNWAY MAGAZINE はパリの主要イベントを後援しています。

2006: バイリンガル出版

  • この雑誌は、幅広い読者に向けてフランス語と英語で 20,000 部印刷されています。

2007: インターナショナル Media

  • RUNWAY MAGAZINE は、パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークの主要なファッション ウィークに関するニュースの掲載を開始し、トークショーを開始します。

2008: ファッションアカデミー賞

  • RUNWAY MAGAZINE はパリ ファッション アカデミー賞を主催し、国際的な新進デザイナーにスポットライトを当てています。

2009年: ファッションイベントオーガナイザー

  • 同誌はパリでのファッションショーやイベントの主催者となる。

2010: エディトリアル優秀賞

  • Guillaumette Duplaix が編集長として加わり、エコール エスティエンヌと提携して編集品質を向上させます。

2011: Runway グローバルな影響

  • RUNWAY MAGAZINE がバッグとアクセサリーのラインを立ち上げます。

2012: 豪華な本のフォーマット

  • この雑誌は豪華な 300 ページの本の形式に移行し、ピエール カルダンやケンゾーなどのファッション アイコンから賞賛を受けました。

2013: カール ラガーフェルド セレブレーション

  • カール・ラガーフェルド、特別企画の表紙発表パーティーに出席 issue 彼に捧げられ、パリのWHSmithで開催されました。

2014: 教育スポンサーシップ

  • RUNWAY MAGAZINE はアトリエ シャルドン サバールを主催し、ファッション教育を支援しています。

2015: ESMODと提携

  • この雑誌は ESMOD Paris と協力し、ファッション教育への取り組みを強化しています。

2016: Media グループの進化

  • RUNWAY マガジンは、 media 高級品業界にマーケティング ソリューションを提供するグループであり、ジャン ポール ゴルチエからも認められています。

2017: Digital 変換

  • インタラクティブなインターフェースを備えた新しい Web サイトが開設され、 RUNWAYへのシフト digital media プラットフォームを提供します。

2018: ブランド アイデンティティのサポート

  • ビジュアルコンテンツ制作、カラーの専門知識、技術に重点を置いた新しい部門が開設されます digital パブリッシングソリューション。

2019: 法律専門知識

  • RUNWAY MAGAZINE は、偽造品、コピー、業界に関連する法的調査をリードしています issue政府および高級ブランドにサービスを提供しています。

2020: 新型コロナウイルス感染症への対応

  • この雑誌は、新型コロナウイルス感染症に対する世界的および政府の取り組みをサポートし、健康規制と安全対策を推進しています。

2021年:25周年

  • RUNWAY マガジンは創刊四半世紀の節目を迎え、発行部数10万部を突破 digital 加入。

2022: Web3 イノベーション

  • RUNWAY 雑誌創刊 RUNWAY パリとニューヨークのSTUDIO WEB3。 デザイン スタジオは、読んだり見たりするための革新的かつ革新的な方法を開発しました media Web3/メタバースで。 RUNWAY MAGAZINE はメタジンまたは Web3 版と出版物を創刊しました。

2023: 卓越性の継続

  • 10万維持 digital 加入者、 RUNWAY マガジンはストーリーテリングに優れており、 media Web3/メタバースでの制作。発達 media Web3 では、ストーリーテリングの新たな高みとまさに未来に到達しました。 media.

Runway 雑誌の表紙2024

Runway 雑誌の表紙 2024 2

未来を受け入れる RUNWAY マガジンの遺産 – Runway グローバルな影響

今日 RUNWAY マガジンは世界的です media 世界をリードするプリントのいくつかを生産する会社、 digital、ビデオおよびソーシャル media コンテンツ。 我々は media 現在を正確に理解し、過去についての素晴らしい知識を持ち、将来を先見の明のある予測を持つ会社。

世界のタペストリーの中で media 風景、 RUNWAY MAGAZINE は、ファッションとラグジュアリー業界の過去、現在、未来の豊かな質感を織り交ぜた、まばゆいばかりの糸として現れます。 1995 年の大胆な設立以来、 RUNWAY 当初の雑誌としての役割を超え、多面的な世界的雑誌となった media 強大な力を持つ。印刷されたページからダイナミックな領域への旅 digital、ビデオ、ソーシャル media これは、その永続的な関連性と革新的な精神の証です。

中心に RUNWAY MAGAZINE の進化は、時代精神の深い理解と、ファッションの世界を形作ってきた歴史的なマイルストーンに対する間違いのない敬意とを組み合わせたものです。この独自の洞察の組み合わせにより、 RUNWAY ファッションの進行中の物語の目撃者であるだけでなく、人々を魅了し、インスピレーションを与えるストーリーを作り上げる重要な語り手であり続けます。

多様性と包括性に対する同誌の取り組みは、多言語出版戦略に反映されており、毎月 9 万人の読者に 10 か国語でコンテンツを提供しています。米国からヨーロッパ、ヨーロッパからアジアまでの大陸にわたるこの世界的な活動は、次のことを強調しています。 RUNWAYは、ファッション、デザイン、イノベーションに対する共通の情熱を持つ多様な視聴者を結び付ける、文化の架け橋としての役割を果たしています。

As RUNWAY 最先端を取り入れ、果敢に未来へ踏み出す Web3 テクノロジーと作成 media メタバースでの限界を押し広げ続けています。 media そしてファッション。ビジョナリーとクリエイティブの専任チームが、すべての記事、すべての記事を確実に issue、そして digital 経験には、この雑誌の特徴となっている卓越性、洞察力、才能が染み込んでいます。

RUNWAY MAGAZINE は、ラグジュアリーとファッション ジャーナリズムの灯台としての役割を果たし、先見の明のある展望と卓越性への揺るぎない取り組みで前進する道を照らします。進化し続ける時代を乗り切るために media 風景、 RUNWAY は、スタイル、文化、革新的なストーリーテリングの独自のブレンドで世界を豊かにすることに専念し続け、インスピレーションとリーダーシップの永遠の源としてファッション史の中でその地位を確保しています。

Runway バッグエンチャントWeb3

RUNWAY マガジンWEB3