マリーアントワネット–通信のprivées

marie-antoinette-correspondances-privees-eleonora-de-gray-editor-in-chief-Franck-Sorbier-Fashion-designer-runway-マガジン

マリー・アントワネット 通信Privées エヴリーヌルヴェ。

ミザンセーヌサリーミカレフ
WITH
ファビエンヌペリノー
ルミエール:クリスチャン・ドリロン
息子:KIDEDOauThéâtreClassiqueLUCERNAIRE

マリー・アントワネットエヴリーヌルヴェの私信。
サリーミカレフ監督の作品
WITH
ファビエンヌペリノー
ライト:クリスチャンドリロン
サウンド:クラシカルシアタールセルネールのキデド

www.lucernaire.fr

VISUEL DE L'AFFICHE:TABLEAU ORIGINAL DE L'ARTISTESTREETARTEVAZÉSIRNORULESCORP(GALERIE LIGNE 13)

ポスターのビジュアル:アーティストストリートアートEVAZÉSIRNORULESCORPのオリジナルテーブル(ギャラリーライン13)

写真-jeff-guiot-marie-antoinette-franck-sorbier-eleonora-de-gray-runway-マガジン

写真-jeff-guiot-marie-antoinette-franck-sorbier-eleonora-de-gray-runway-マガジン

写真©JeffGuiot

コスチューム:フランクソルビエクチュール

「1783年、エリザベート・ヴィジェ・ル・ブラン・ペイン・ル・ポートレート・ド・ラ・レーヌ・マリー・アントワネット・アン・ローブ・ド・ゴール。 Le tableau faitscandaleetresttrèsviteremplacé。 En effet、sur cette peinture de la reine apparait en“négligé”、unvêtementréservéàl'intimité。 LamodeconnaîtàVersaillesd'importantes変異、unretouràlanatureetàuneenviedesimplicitéliéesàl'oeuvredeJean-JacquesRousseau。 LecostumecréépourlapièceMarie-Antoinette、Correspondancesprivéesexprimeavanttout le cadre intime danslequelsedéroulel'histoireetaussil'idéedetrousseauàsavoirl'utilisationdecamisolesanciennes de coton blanc enaccumulation toileportésurle“négligénouvelleversion”suggèreladignitédelareine、maisaussilarigiditédelaCourqu'ellen'auracessédedésireradoucir。 ” _フランク・ソルビエ・クチュール

「1783年、エリザベートヴィジェールブランはマリーアントワネット女王の肖像画をガウルドレスで描きました。 このportaraitはスキャンダルを作成し、すぐに置き換えられました。 確かに、この絵では、女王は親密さのために予約された衣服で「無視された」ように見えます。 ヴェルサイユのファッションは、自然への回帰と、ジャン=ジャック・ルソーの作品に関連したシンプルさへの欲求を持っています。 マリー・アントワネットの演劇「プライベート・コレスポンデンス」のために作成されたコスチュームは、物語が行われる親密な環境、そしてトルソー、蓄積された白い綿の古いキャミソール、「無視された新しいバージョン」は、女王の尊厳だけでなく、彼女が和らげたいという願望を決して放棄したことのない裁判所の硬直性も示唆しています。 「_フランクソルビエクチュール

写真-jeff-guiot-marie-antoinette-franck-sorbier-eleonora-de-gray-runway-雑誌-ルセルネール

写真-jeff-guiot-marie-antoinette-franck-sorbier-eleonora-de-gray-official-runway-マガジン

写真©JeffGuiot

コメディアンファビエンヌペリノー

「ル・コスチューム・クレエ・パー・フランク・ソルビエエスト壮大。 J'ai eu le plaisirdepouvoirassisteràsonprocessusdecréationartistiqueenparlantdu spectacle avec luietdel'atmosphèrequejedésirais。 Ensuite quand jesuisvenueavecmacomédiennepourlepremieressayage et que j'aivul'ébauchedelarobe、j'aiétéémueaularmescar j'ai eu le sentiment qu'il avait traduit mes motsencostume…」 —サリー・ミカレフ

女優ファビエンヌペリノー
「フランク・ソルビエが作成したコスチュームは素晴らしいです。 彼の芸術的創造の過程に立ち会うことができてとても嬉しかったです。彼とショーについて話し、私が望んでいた雰囲気について話していました。 それから、最初のフィッティングのために女優と一緒に来て、ドレスのドラフトを見たとき、彼が私の言葉を衣装に移したと感じたので、私は涙を流しました...。 「-サリーミカレフ

マリー=アントワネット

写真-jeff-guiot-marie-antoinette-franck-sorbier-eleonora-de-gray-official-runway-雑誌-ファビエンヌ-ペリノー

写真©JeffGuiot

女優ファビエンヌペリノー

写真-jeff-guiot-marie-antoinette-franck-sorbier-eleonora-de-gray-runway-雑誌-ファビエンヌ-ペリノーマリー-アントワネット

写真-jeff-guiot-marie-antoinette-franck-sorbier-eleonora-de-gray-runway-雑誌-ファビエンヌ-ペリノー

写真©JeffGuiot

デザイナーのフランク・ソルビエ

マリー=アントワネット

Runway-雑誌-フランク-ソルビエ-エレオノーラ-デ-グレイ-2017-オートクチュール-インタビュー-イザベルタルティエール-ギヨーメット-デュプレ-カバーストーリー

クチュリエフランクソルビエ

www.francksorbier.com

Poèterêveur、têtechercheuseexigeante、Franck Sorbier joue、surlascènedelamode、unrôleàpart、soucieuxdepérenniser、coûtequecoûte、la Haute Couture et son savoirfaire。
Le couturier、quiaosé«entreren hautecouture»enmétamorphosantdeschutesdetulle、n'a de cesse d'inventer et de«poétiser»、en«gestespatients»、lesmatièressimples、précieuses、toujours nobles、de laオートクチュール:la dentelle qu'ilbouillonneoucisèle、le tulle qu'il froisse ou cloque、lecrinqu'ilébouriffe、la soie qu'il presse et compresse、sa«signature»depuissesdébuts。
L'élégancerafinéedeFranckSorbierne manque pasd'audace。 息子の大学の職員は、密集していて、夢を見ることができます。 L'idéaldelacouture、l'art de lavie。
2005年、エストニアのグラン・クチュリエ・パー・ランサンブル・デ・セズ・ペア・エ・ル・ミニスタール・デ・インダストリー、エ・エン・2010、ル・ミニスタール・デ・ラ・カルチャー・エ・デ・ラ・コミュニケーション・ル・ノム・メートル・ダール。

夢のような詩人であり、要求の厳しい研究者であるフランク・ソルビエは、オートクチュールとそのノウハウを永続させることを切望して、ファッションシーンで役割を果たしています。
チュールの滝を変形させることで「オートクチュールに入る」ことを敢えてしたクチュリエは、「患者のジェスチャー」で、常に発明され、「詩的」で、シンプルで貴重な、常に高貴な縫製の素材です。彼が崩れたり膨らんだりするチュール、波立たせた髪、押したり圧縮したりするシルク、最初からの彼の「署名」。
フランク・ソルビエの洗練されたエレガンスは大胆さに欠けていません。 彼の個人的な宇宙は、そこに住む夢のように、密集していて寛大です。 縫製の理想、生命の芸術。
2005年に彼はすべての仲間と産業省からグランドクチュリエのラベルを授与され、2010年に文化通信省は彼を芸術のマスターに任命しました。