ルイ・ヴィトンのトラベルトランク1885

















ルイ・ヴィトンのトラベルトランク1885 – INPI による宝物 RUNWAY マガジン。

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

ヴィトンが1854年にパリに最初の店舗をオープンしたとき、彼は軽量で気密性のあるフラットトップのトランクを販売することから始め、販売の最初の年にフランスの皇后ウジェニーに買収されました。

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

彼の最初の作品は、灰色のトリアノンキャンバスフラットトランクでした。 ヴィトンは、フラットトップトランクまたは気密トランクを作成した最初のトランクメーカーでした。 (これ以前のすべてのトランクは、水が流れ出るように上部が丸くなっていたため、積み重ねることができませんでした。)

驚いたことに、モノグラムキャンバスのデザインは、ルイヴィトンの死後まで作成されませんでした。 それは彼の息子、ジョージによって作成されました。 

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1854年–ヴィトンはパリのヌーヴ通りに最初の店舗をオープンし、創業しました。
ルイヴィトンマレティエ(「ルイヴィトントランクメーカー」)。 

1860年–ヴィトンは、需要の増加に対応するために、アニエールシュルセーヌに大きな工場を開設しました。 

1867年–ヴィトンはパリ万国博覧会の万国博覧会に参加し、銅メダルを獲得しました。 

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1872年–赤とベージュの縞模様の帆布の作成。

1876年–衣類を保管するためのレールと小さな引き出しを含むワードローブトランクの作成。 

1880年–ジョルジュは結婚し、(同じ日に)事業の支配権を与えられました。

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1883年–ジョージの息子ガストン-ルイが生まれる。 

1885年–ロンドンに最初のルイヴィトンストアがオープン。

1888年–ダミエキャンバスのパターンは、ルイヴィトンがジョージと共同で作成しました。 
「marqueeL。Vuittondéposée」(文字通り「マーク」を意味する)と書かれたロゴが付いています。
L.ヴィトン寄託」または大まかに「L. ヴィトンの商標」)。 

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1889年–ヴィトンは、パリの万国博覧会で金メダルを獲得しました。 

1892年–ヴィトンが死去。 ヴィトン社がハンドバッグの販売を開始。 マルケ時代 
ルイ・ヴィトン(1893-1936)ルイ・ヴィトンの死後、ジョルジュはルイ・ヴィトンを世界的な企業にしました。 

1893年–ジョージは、シカゴ万国博覧会でヴィトン製品を展示します。 

1894年–ジョルジュは彼の本「LeVoyage」を出版しました。 

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1896年–ジョージは「モノグラムキャンバス」をデザインしました。「モノグラムキャンバス」と呼ばれるようになりました。 そのグラフィックシンボルは、ビクトリア朝後期の日本/東洋のデザインのトレンドに基づいていました。

これは最初の「デザイナーロゴ」と見なすことができます。これは、ヴィトンパターンのさらなるコピーを防ぐためにジョージがこのパターンを作成するように駆り立てられたためです(偽造はこの時点ですでに始まっていました)。

その後、ジョルジュは米国に航海し、ニューヨーク、フィラデルフィア、シカゴなどのさまざまな都市をツアーしました。 彼は訪問中にヴィトンの製品を販売しました。 

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1899年–ジョルジュは、初のパリモーターショーにヴィトン製品を展示しました。

1900年–ジョージズ・ヴィトンは、1900年のパリ万国博覧会の「旅行用品と革製品」セクションを設立する栄誉を与えられました。 

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1901年–ルイ・ヴィトン社は、ヴィトンの荷物トランク内に保管する小さなハンドバッグである「スチーマーバッグ」を発表しました。 

1904年–ジョージは、セントルイス万国博覧会の陪審員の議長を務めました。 同じ年に、ルイ・ヴィトン 
同社は、アイテム用の特別なコンパートメントを備えたトランクの新しいラインを導入しました。
香水、衣類、その他の商品など。 

1906年–ジョージの息子ガストン-ルイはレニーヴェルサイユと結婚し、ルイヴィトンは自動車用トランクを発表しました。 

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1914年–ルイヴィトンビルがシャンゼリゼ通りにオープン。 建物は最大でした
当時の世界の旅行用品店。 店舗の場所はニューヨーク、ボンベイ、 
第一次世界大戦が始まると、ワシントン、ロンドン、アレクサンドリア、ブエノスアイレス。

1924年–第一次世界大戦の終結からわずかXNUMX年後、「キーポール」が発明されました。 
このバッグは、必需品を入れておくための軽い旅行のためのトラベルバッグのダッフルバッグを前にしています。 

1929年–ルイヴィトンのXNUMX周年、トイレタリーケースが具体的に紹介されました 
オペラ歌手のマルト・シュナルのために。 ボトル、ブラシ、鏡、パウダーボックス、その他のトイレタリーに合う可能性があります。

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

1931年–ルイ・ヴィトンは、ワニ皮のハンドバッグなどのエキゾチックなバッグを発表しました。 
植民地博覧会のための象の皮のハンドバッグと同様に。

1932年–ルイヴィトンがノーバッグを発表。 このバッグはシャンパン用に作られました 
ボトルを輸送するための冬。 

1933 –ルイヴィトンスピーディバッグが発表されました。 

1936年–ジョージズ・ヴィトンが亡くなると、ルイ・ヴィトンの黄金時代は終わります。 

ルイ・ヴィトン旅行トランク1885-INPIの宝物 RUNWAY マガジン
ルイ・ヴィトン旅行トランク1885 –INPIの宝物 RUNWAY マガジン

700以上の新しいヴィトンのデザインを持つジョージズヴィトンの属性を推定します。 
Gaston-LouisVuittonが会社の支配権を握ります。 指揮者のレオポルド・ストコフスキーに秘書トランクが紹介されました。 ルイ・ヴィトンの企業時代(1937 –現在)。