ルイ・ヴィトン 2024-25年秋冬バッグと詳細

ルイ・ヴィトン 2024-25年秋冬バッグと詳細「Voyage of Elegance」。ストーリー by RUNWAY 雑誌。 写真提供:ルイ・ヴィトン。

ルイ・ヴィトンの前衛精神の代名詞となったルーヴル美術館の輝かしいクール・カレで、ニコラ・ジェスキエールは2024-2025年秋冬コレクションを発表し、ルイ・ヴィトンの創造力としての在任期間における重要なマイルストーンをマークしました。ブランド。今シーズンは、コレクションのバッグの数々に揺るぎなくスポットライトが当てられ、それぞれのアイテムが、最も贅沢な対話の中で記憶と想像力が絡み合うXNUMX年にわたる旅の物語を語っています。

複雑なデザインと豊かな物語を備えたコレクションのバッグは、2024 年間にわたる革新と感情を通じたジェスキエールの内省的な旅の証となっています。思い出の階層化を反映した、2025-XNUMX年秋冬コレクションの各バッグは、現在のレンズを通して再考された、ルイ・ヴィトンの心と歴史の一部を体現しています。ジェスキエールは想像力のガイドとして記憶を巧みに利用し、愛されているモチーフの再解釈や新しい古典の導入を可能にしました。これにより、機能的な芸術作品としてだけでなく、その名高い過去を尊重しながらブランドの将来の方向性をナビゲートする羅針盤としても機能するバッグのラインが生まれました。

ケイト・ブランシェット、ルイ・ヴィトン 2024 年秋冬コレクション 25 プレタポルテに登場 Runway 雑誌1
ルイ・ヴィトンのケイト・ブランシェット

4 ルイ・ヴィトン 2024 年秋冬 2025 プレタポルテ Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

傑出したアイテムの中でも、このコレクションでは象徴的なルイ・ヴィトンのトランクを再解釈し、贅沢な旅行におけるブランドのルーツを反映する現代の必需品に生まれ変わりました。これらのアイテムは単なるバッグではありません。それらはルイ・ヴィトンの伝統を伝える器であり、未来的な輪郭と革新的な素材で再定義されています。このコレクションには、ブランドの特徴的なモノグラムと大胆な新しいパターンやテクスチャーを融合させた一連のバッグも含まれており、それぞれが伝統と前衛的なデザインを融合させるジェスキエールの才能を物語っています。

クラフトマンシップへのこだわりは、すべてのステッチや折り目に明らかであり、各バッグがファッションステートメントであるだけでなく、ウェアラブルなアート作品であることを保証する細部へのこだわりが見られます。バッグは予期せぬディテールで装飾されています。ここではネオンの輝き、そこには虹色の生地の帯があり、それぞれの要素が深さと陰謀の層を追加するように慎重に考慮されています。

このコレクションの重要性の象徴として、ショーでのケイト・ブランシェットの存在は、アート、ファッション、歴史の融合を理解する人々に対するコレクションの魅力を強調しています。非の打ちどころのないスタイルと洞察力のあるセンスで知られるブランシェットは、自信に満ち、洗練され、常に自分自身の発見の旅を続けるルイ・ヴィトンの女性の精神を体現しています。

6 ルイ・ヴィトン 2024 年秋冬 2025 プレタポルテ Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

7 ルイ・ヴィトン 2024 年秋冬 2025 プレタポルテ Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

8 ルイ・ヴィトン 2024 年秋冬 2025 プレタポルテ Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

フィリップ・パレーノとジェームス・チンランドが綿密にデザインしたセットを背景に、ニコラス・ベッカーが包み込むようなサウンドスケープを背景にした2024-2025年秋冬コレクションの発表は、単なるファッションショー以上のものでした。それは、観客を未来へのキャンバスとしての記憶というジェスキエールのビジョンに引き込む没入型の体験でした。

ルイ・ヴィトンに対する 10 年間のジェスキエールの貢献を振り返ると、2024 ~ 2025 年秋冬コレクションは過去を祝うだけでなく、今後の道標としても機能します。精巧に作られたバッグは、単なる季節のアクセサリーではありません。それらはルイ・ヴィトンの伝統を引き継ぐ時代を超越した宝物であり、ファッション、アート、歴史が創造性と発見の継続的な旅の中で融合する未来を約束しています。

ルイ・ヴィトン 2024-25 年秋冬バッグをすべて表示し、詳細をクローズアップ



フランス、パリ1区からの投稿です。