エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ

















エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノファッションウィーク。 2019年春夏のミラノファッションウィークでのエンポリオアルマーニは、彼の新しいコレクションのために空港ですべてのゲストをチェックインしました。 格納庫の中には、Xファクターのセットとベルゴニョーネ通りにあるアルマーニのホームファッションシアターがブレンドされた専用のスタジアムがありました。 約2,500人が参加しました。 到着と出発を示す巨大なバックスクリーンを含む、中断されたスクリーンがありました。

エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン
エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン

飛行は続いた。 そして、プラネットアルマーニのカラーストーリーが続きました runway。 そして、90年代のロビーウィリアムズのアイコンで仕上げました。

エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン
エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン

「こんにちは、ロビー・ウィリアムズです。XNUMX年代の私を覚えているかもしれません。 今夜、あなたは私のものです」と彼は歓声を上げる聴衆に語った後、黒い杖を振り回して歌を歌い、「自由」の高エネルギーのカバーでジョージ・マイケルに敬意を表した。

エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン
エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン

「今日は新しいエンポリオがあり、新しい商業的展望があり、 『看板を掲げた当時を振り返ってみませんか?』と思いました。 私にとって、過去は常に存在しています」とアルマーニは言いました。 彼はその精神で春のコレクションを送り出し、主に彼の強みを発揮したXNUMX回限りの男女共学のショーで、ずんぐりしたシルエットと質感のあるフロートな生地に焦点を当て、彼を有名にしました。

エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン
エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン

アルマーニがトレンチコート、ハイウエストのズボン、ベージュとソフトなニュートラルの配列で広々としたテーラードジャケットに使用したフェザーウェイトのリネンスカートと紙の綿生地には、しわがたくさんありました。

エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン
エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン

色は、スーツの場合は頭からつま先までのゲータレードグリーン、最高の場合はトリッキーな色、不透明な足首までの長さのアノラックの場合は明るいピンク、カクテルドレスのスカートから発芽するスパンコールの場合はダークブルーの形で提供されました。 スパンコールタップパンツのラインナップは、男性にも女性にも、ラスベガススタイルの華やかさを加えました。

エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン
エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン

「私はミレニアル世代が実際に何を着るのが好きか、過去を振り返り、XNUMX年代とXNUMX年代の形を思い起こさせるものについて考えていました。 私はまた、過去から何が得られるのかを理解しようとしました—そして現代的にしました。 そのため、スポーティなタッチのビニールジレットが付いたナイロンとレザーのジャケットとコートが表示されます。 しかし、全体的に見て、それはエレガントであり、ストリートについてはそれほど重要ではありません。」

エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン
エンポリオアルマーニ2019年春夏ミラノ RUNWAY マガジン

いつものように、ショーは大きくて長く、ショースペース兼コンサート会場のキャットウォークを200以上のルックスが通り抜け、22年間大声ではっきりと話されていた看板の下で行われました。