コーチ 2024-2025 秋冬

コーチ 2024-2025年秋冬「サステナブル エレガンス:マニフェスト」。ケイト・グレンジャー、編集者によるストーリー RUNWAY 雑誌。 写真提供:コーチ。

創意工夫と回復力の最新のショーケースでは、スチュアート ヴィヴァースによるコーチの 2024-2025 年秋冬コレクションが、イノベーション、サステナビリティ、そしてラグジュアリーの再考に対するデザイナーの衰えることのない熱意の説得力のある証拠として現れています。コーチでのXNUMX年以上の経営責任を祝うヴィヴァースの最近の作品は、困難な経済環境下でブランドの売上が好調であるにもかかわらず、過去の賞賛の快適ゾーンにとどまることを拒否していることを強調している。サステナビリティに対する彼の取り組みは、単に時代精神への賛同ではなく、ファッションの精神の深い再評価であり、リサイクル、アップサイクル、思慮深い消費をコーチのアイデンティティの構造そのものにシームレスに統合しています。

ヴィヴァースのコレクションは、質感、歴史、そして不完全性を徹底的に受け入れる物語です。だらしないシルエットとスロープショルダーの品格を備えた風化したコートは、細心の注意を払ってダメージ加工を施したデニムとともに、長寿と大切に着てきた服の物語を語るキャンバスの役割を果たしています。リサイクルされたジーンズを巧みにつなぎ合わせたこれらのアイテムには、ファッションの循環的な旅が凝縮されています。

1 コーチ 2024 年秋 2025 年 Runway Magazineに

2 コーチ 2024 年秋 2025 年 Runway Magazineに

3 コーチ 2024 年秋 2025 年 Runway Magazineに

アビエーター ジャケットが、時間だけが与える緑青で飾られた精巧なバーン ジャケットに変身することは、この精神をさらに体現しています。さまざまなライフサイクルからの断片を注意深く組み立てたこの作品は、持続可能性への広範な取り組みと、新しいものの一時的な魅力からの脱却を反映しています。

このコレクションはイブニングウェアにも挑戦し、黒、ピンク、ライラックのタフタドレスが、遊び心と洗練されたハサミの使い方によって解体され、生まれ変わりました。トップスとスカートはリボンや装飾で再考され、イブニングウェアの優雅さと持続可能性という地に足の着いた実用的なアプローチとの間に対話を生み出しました。

Vevers のアクセサリーは、ニューヨーク市の図像を微妙に反映しており、衣服の複雑さと、そのシンプルさと機能美を対比させています。ショルダー トートからきちんとしたハンドバッグに至るまで、ダメージ加工を施したレザー バッグは、実用的なエレガンスと長く愛用できるというこだわりを体現しており、古いコーチ製品を改修するというブランドの取り組みによってさらに強調されています。

このコレクションは、ファッションにおける憧れと贅沢という伝統的な物語からの重要な転換点を示しています。ヴィヴァースは、新しいものへの終わりのない追求としての贅沢の概念に異議を唱え、代わりに職人技、経年変化の美しさ、持続可能な実践の喜びを称賛することを提唱しています。コーチの2024-2025年秋冬コレクションは、単なる衣服やアクセサリーのプレゼンテーションではありません。それはファッションの未来へのマニフェストであり、持続可能性とスタイルが、永続するもの、大切にされるもの、そして美しく不完全なものを讃える中で融合します。

すべてのルックスを見る Coach 2024-2025 秋冬



アメリカ合衆国、マンハッタン、ニューヨークから投稿されました。