クリスチャンディオール2021年春夏パリ

















クリスチャンディオール2021年春夏パリファッションウィーク。 によるレビュー RUNWAY MAGAZINE®。

クリスチャンディオール2021年春夏-私たちは皆ファッションの犠牲者です
クリスチャンディオール2021年春夏–活動家が「私たちはすべてファッションの犠牲者です」というバナーを表示します。

マリア・グラツィア・キウリは、次の2021年春夏に向けて、昨シーズンのドルチェ&ガッバーナの作品にエコではなく「エコー」コレクションを作成しました。手作りの作品、小さなショーツ、煙道のドレス…。 クリスチャンディオールのファッションハウスがイタリアンハウスになりました。 私たちはまだミラノファッションウィークにいるという強い気持ちがあります。 私たちはパリにいますが、クリスチャンディオールの家は強いアイデンティティを持っていました。

Covid-19に関連してフランス政府によって注文された、多くの制限なしに開催されたパリファッションウィークの最初のショー。 大規模な集会は固く禁じられています。 クリスチャンディオールは1000人を対象にショーを開催しました。社会的な距離、ゲスト間の場所、入り口でのCovidテスト、マスクはありません。 パリでのパリファッションウィークの開催は、ミラノファッションウィークの開催とはかけ離れています。

クリスチャンディオール2021年春夏 RUNWAY マガジン
クリスチャンディオール2021年春夏 RUNWAY マガジン
クリスチャンディオール2021年春夏 RUNWAY マガジン
クリスチャンディオール2021年春夏 RUNWAY マガジン
クリスチャンディオール2021年春夏 RUNWAY マガジン
クリスチャンディオール2021年春夏 RUNWAY マガジン

写真:Alessandro Lucioni / Gorunway.COM