時代を超越したエレガンス: 磁器の歴史を巡る旅 Web3

時代を超越したエレガンス: 磁器の歴史を巡る旅 Web3. の編集長エレオノラ​​・デ・グレイが語った物語 RUNWAY 雑誌。 著作権: 画像、写真、ビデオ、Web3 環境、その他すべては、の知的財産です。 RUNWAY 雑誌。 全著作権所有。

9 磁器の歴史 Web3 by Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

時代を超越したエレガンス: 磁器の歴史を巡る旅

磁器は、その繊細さ、強さ、そして幻想的な美しさで知られる陶磁器の驚異であり、大陸と何世紀にもわたる複雑な歴史のタペストリーを織り上げてきました。 この絶妙な素材の起源は、熱と職人技の錬金術によって原材料が芸術に変えられた古代の窯の奥深くまで遡ることができます。 その物語は進化、文化交流、技術の進歩であり、世界を魅了し続けています。

繊細なパワーハウスの誕生

磁器の創作は要素と火のダンスです。 原料、特にカオリナイトは、温度が 1,200 ~ 1,400 °C (2,200 ~ 2,600 °F) まで上昇する窯の炎の中で変成の旅を経ます。 その結果、磁器の特徴である強度、半透明、そして純粋な白さの驚くべきブレンドが生まれる変化が生まれます。

磁器の優位性の核心は、ガラス化(ガラス状の物質に変化するプロセス)と、その繊細な形状に比類のない強度を与える鉱物であるムライトの形成にあります。 自然と職人技のこのユニークな融合により、磁器は陶磁器の世界で傑出した地位を確立しました。

8 磁器の歴史 Web3 by Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

優雅なフォルムと機能

磁器の領域は機能性や職人技の領域をはるかに超えています。 食卓を飾る洗練された食器から、繊細なディテールで物語を伝える複雑な置物まで、磁器の多用途性は畏敬の念を抱かせます。 しかし、その影響は美学に限定されません。 それは技術と産業の領域に浸透し、電気絶縁体や実験器具などの製品のバックボーンとして機能します。

陶芸家の旅: 磁器づくり

磁器を形成する細心の注意を払うプロセスは、陶器の兄弟である土器や石器と類似しています。 しかし、これはより困難な取り組みであり、その完璧な特性を実現するには精度と専門知識が必要です。 磁器づくりの芸術は愛情のこもった仕事であり、職人たちはもろさと強度の間の紙一重を行き来しながら、自らの技術の証となる作品を生み出します。

2磁器ウェブの歴史3 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

XNUMX つの特徴: ハードペースト、ソフトペースト、ボーンチャイナ

磁器は一枚岩ではありません。 それは、ハード ペースト、ソフト ペースト、ボーン チャイナという XNUMX つの異なるカテゴリーに分かれています。 これらの分類は、組成と焼成条件の違いから生じます。 それぞれの品種には独自のストーリーがあり、芸術性と化学を融合させて、時代や文化を超えた宝物を生み出しています。

中国の不朽の遺産

磁器の発祥の地である中国は、何千年にもわたってこの芸術形式を育んできました。 その進化は段階的なダンスであり、世代を超えて世界を永遠に変える素材を生み出したダンスでした。 XNUMX年以上前、磁器の秘密は中国で解き明かされ始め、その影響力は東アジア全域に広がり、その後ヨーロッパの海岸に到達する旅に出ました。

4 磁器の歴史 Web3 by Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

インスピレーションの殻: ヨーロッパのネーミング

英語の「磁器」という用語は、磁器の表面が繊細なカウリーシェルに似ていることからインスピレーションを得たイタリア語の「porcellana」にルーツがあります。 この素材がヨーロッパに伝わると、大陸の想像力と賞賛を魅了し、洗練と贅沢の代名詞になりました。 英語圏の一部の地域では、磁器は「チャイナ」または「ファイン チャイナ」とも呼ばれ、これは 17 世紀に中国からの輸入によって初期に導入されたことにちなんでいます。

7 磁器の歴史 Web3 by Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

フランス、イタリア、イギリスを巡る旅

磁器は世界中で豊かな歴史を織り成してきました。 ヨーロッパの壮大な宮殿から熟練した職人の工房に至るまで、磁器の遺産の物語は、革新、職人技、そして不朽の魅力の一つです。 この歴史の探求では、フランス、イタリア、イギリスにおける磁器生産の複雑な世界を掘り下げ、この大切な芸術形式の進化をたどります。

フランス:ソフトペーストの輝きのシンフォニー

フランス磁器の優雅さは、洗練の特徴として現れた繊細なソフトペーストの品種に具体化されています。 その旅はルーアンでの実験から始まり、フランスにおけるソフトペースト磁器の基礎を築きました。 しかし、先駆者として台頭したのはサン クルー工場であり、1702 年以前に絶妙なソフトペースト磁器を製造していました。芸術性は 18 世紀初頭にシャンティイとメヌシーの工場が設立され、続いて象徴的なヴァンセンヌ磁器工場が設立されて広がりました。 1740年。

1 磁器の歴史 Web3 by Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

ヴァンセンヌのソフトペースト磁器はフランスの磁器を上回り、比類のない白さと完璧な品質を誇りました。 1756 年に工場がセーヴルに移転すると、その優位性は確固たるものとなり、ヴァンセンヌ/セーヴル磁器は 18 世紀後半のヨーロッパ磁器生産の最前線に位置しました。 こうして、芸術性と革新性の遺産がフランス磁器の風景に刻まれました。

イタリア:陶芸のルネッサンス

イタリアの磁器に対する愛情は、一連の芸術的勝利を通じて形を整えました。 1735 年に設立されたフィレンツェのドッチャ磁器は、イタリアの職人技の不朽の精神の証しです。 ドッチャ磁器はその寿命の長いことで知られ、その絶妙なデザインで魅了され続けています。 カポディモンテ磁器は、ナポリでは一時的ではありましたが、マドリードに新たな拠点を見つけ、スペインとイタリアの両方の芸術的遺産に足跡を残しました。

芸術の歴史が息づく都市ヴェネツィアでは、熟練した職人の手による磁器の隆盛を目の当たりにしました。 18 世紀初頭のフランチェスコ ヴェッツィのハードペースト磁器は、イタリアの卓越性の追求を実証しました。 現存する例は稀ですが、コッツィ工場、ル・ノーヴェ工場、ヘヴェルケ工場はすべてイタリアの磁器の遺産に貢献し、それぞれイタリアの芸術的景観に消えることのない足跡を残しています。

5 磁器の歴史 Web3 by Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

イングランド: 革新と洗練されたエレガンスの物語

イギリスの中心部では、磁器の追求は革新と創意工夫の旅となりました。 1742 年にトーマス ブリアンが王立協会でソフトペースト磁器の実演を行ったことは、英国磁器の歴史において極めて重要な瞬間となりました。 1749 年トーマス・フライによるボーンアッシュの配合により画期的なボーンチャイナが誕生し、後にジョサイア・スポードによって完成されました。

英国磁器の物語は、ウィリアム・クックワージーによるコーンウォールでのカオリン鉱床の発見によりさらに展開されました。 1768 年に設立された彼のプリマス工場では、カオリンと陶石を利用して、18 世紀初頭の中国磁器の職人技を反映したハードペースト磁器を製造していました。 18 世紀のイギリスの陶磁器シーンは、ソフトペースト磁器やクリームウェアのような洗練された陶器で栄え、磁器の優位性に挑戦し、陶磁器の世界を一変させました。

フランスの宮殿からイタリアやイギリスの工房に至るまで、磁器の時代を超越した優雅さは国境や世代を超えてきました。 これらの磁器の宝物の複雑なデザインと繊細なフォルムを賞賛するとき、私たちは歴史を形成し、その不朽の芸術性で世界にインスピレーションを与え続けている職人たちに敬意を表します。

磁器の謎めいた定義

私たちは磁器を定義しようとしていますが、その性質自体が簡単な分類を無視しています。 従来の枠を超えた多面性を備えた逸品です。 「完全にガラス化され、硬く、不浸透性で、白色または人工的に着色され、半透明で共鳴する」と形容される磁器の本質は、厳格な枠組みの中に閉じ込められることをものともしません。

6 磁器の歴史 Web3 by Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

用語のタペストリー

東洋では、陶器の分類は伝統的により単純で、低温焼成品と高温焼成品に分けられてきました。 ヨーロッパの「せっ器」は、高温で焼成された陶器に似ており、祖先は同じであるにもかかわらず、磁器とは異なります。 「原磁器」、「磁器」、「磁器に近い」などの用語は、セラミック本体が半透明と白に近づくときのギャップを埋めるものです。

現代経済の驚異

現代世界においても、磁器は文化の象徴としてだけでなく、産業の繁栄として、消えることのない足跡を残し続けています。 2021 年の世界の磁器食器市場は、22.1 億米ドルという驚異的な価値があると推定されており、これはその不朽の魅力と時代を超越した優雅さの証です。

エレガンスの連続

磁器の歴史をたどると、時代を超えて文化や世代の架け橋となる素材に出会うことができます。 古代中国の炉から今日の世界の食卓や実験室に至るまで、磁器の旅は人間の創意工夫への賛歌であり、土、火、創造性を融合させて魅惑的で永続的なエレガンスのシンフォニーを作り出す芸術形式です。

3 磁器の歴史 Web3 by Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

ヒント – 使用方法 Runway Web3

これは Web3 / メタバースの統合です。 Milan Spring Summer 2024 Web3 を閲覧するためにアカウントを登録する必要はありません。 ランダムな名前とアバターを選択するだけです。

アバターのオプションをカスタマイズしたい場合は、アカウントが必要です。 モバイル デバイスを使用する場合は、パフォーマンスを向上させるためにアプリケーションをインストールする必要があります。

マウスを使用して向きを変えます。 モバイル デバイスでは、ドットを使用して歩き回ったり、ジャンプしたりできます。

ナビゲーション: キーボードで W、A、S、D、Space キーを使用してジャンプします。

スクリーンショットを撮るには、キー T を使用します。ビデオを録画するには、キー R を使用します。

最大限の体験をするには、サウンドをオンにしてください。

何らかの技術的な理由で Web3 画面が表示されなくなった場合は、ページをリロードしてください。

画面の下にコントロールが表示されます。 リアクション - 画面の下で、踊ったり、拍手したり、さまざまなリアクションを示すことができます。 誰かが近くにいる場合は話すことができますが、マイクを許可する必要があります。 チャットを使用するには、アカウントを登録する必要があります。

コントロール
使用方法 Runway メタバース1

店内のすべての椅子やベッドは、 Runway Web3にはシートスポットがあります。 緑色の円と矢印が付いています。 それをクリックすると、あなたのアバターが着席します。

使用方法 Runway メタバース2

周囲を見回すには、マウスを使用し、画面をクリックしてあらゆる方向にドラッグします。右に見る、左に見る、上を見る、下を見る。 

使用方法 Runway メタバース3

探索中に、ジャンプして何かに到達したり、上り下りしたりすることができます。 キーボードのスペースバーを押します。

使用方法 Runway メタバース4

歩くには、キーボードのキーを使用するか、移動したい場所でマウスをクリックします。 キーボードのキー: W、S、A、D、または矢印。

使用方法 Runway メタバース5

アバターを動かさずに近くのものや遠くのものを見るには、マウスのスクロール ホイールを使用します。 近くも遠くも見るのはアバターの「視点」からです。 

あなたのプライバシーについて一言

私たちが使用するソフトウェアは、Metaverse / Web3 マガジンを作成することを可能にし、このソフトウェアは個人情報を収集して収益化できる中央サーバーまたはプラットフォームに依存しないため、読者のデータ プライバシーを向上させることができます。 IP やその他の個人情報は収集されません。 使用するのにメールアドレスや名前は必要ありません Runway Web3。

新しい Web3 バージョンの出現 RUNWAY MAGAZINE は、現実的な仮想環境でリアルタイムに他のユーザーと対話できるようにすることで、エクスペリエンスを変革しました。



パリ、カルティエ デ アンヴァリッド、フランスから投稿されました。