ヴァレンティノ メンズウェア 2024 春夏

ヴァレンティノ メンズウェア 2024 年春夏 「エレガンスと脆弱さで男性らしさを再定義」。 ストーリー by RUNWAY 雑誌。 写真提供: ヴァレンティノ/SGP イタリア。

男らしさの定義が見直され、文化の変化により新たな視点が求められる世界において、クリエイティブ ディレクター ピエールパオロ ピッチョーリは、ヴァレンティノ メンズウェア 2024 年春夏の画期的なコレクションを発表します。ナラティブ コレクションで、ピッチョーリは男性の生活や服装に関する従来の概念に挑戦します。 、そして現代の男らしさの本質。

この現代の化身に埋め込まれた矛盾は驚くべきものです。 強さの中に脆さが見出され、優しさは計り知れない力を秘め、不完全さは完璧として称賛されます。 このコレクションは、テーラリングのルールと時代を超越した男性的なワードローブに根ざした伝統に敬意を表しています。 これは、ヴァレンティノ ガラヴァーニがメンズ ファッションに永続的な影響を与えるきっかけとなった、1985 年の画期的な初メンズウェア ショーへの敬意を表しています。

1 ヴァレンティノ 2024 年春夏メンズウェア Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

これらの確立された伝統の中で活動することにより、ピッチョーリは内部から慣例に勇敢に疑問を投げかけます。 彼はルールを破り、変化を引き起こします。 変化した文脈は認識を変える可能性があるため、テーラード衣服に見られる力と成功の伝統的なシンボルは、新世代の個性の表現になります。 サルトリアルのブレザーやコートはブリーフパンツと組み合わされ、洗練された美学に若々しさとエネルギーを吹き込みます。 かつては男らしさの家族の制服と関連付けられていた古典的なワークウェアが、繊細なタッチで再解釈されています。 全体のシルエットは微妙に変化し、コレクション全体の調和のとれた変化を生み出します。

2 ヴァレンティノ 2024 年春夏メンズウェア Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

ドリル、ポペリン、コットンダブルなどの純綿生地は、新たな高貴なレベルに引き上げられます。 これらのテキスタイルは、花の儚い美しさのように、衣服に命を吹き込みます。 花は生命そのものの象徴として、グラフィック装飾として衣服の表面を飾ります。 これらはまた、伝統的に仕立てに関連付けられていた厳格な階層構造を置き換えるトーテムとしても機能します。 ネクタイの思い出が襟から花開くと、親近感とロマンスが呼び起こされます。 これらの花の紋章は過去の価値観に挑戦し、もろさと修復の祝賀を誘います。 不完全さを尊重し、金色の縫い目で修復する日本の金継ぎの概念からインスピレーションを得たこのコレクションは、回復力と人間の精神を強調しています。 それぞれの作品には思い出が込められており、歴史の重みを感じます。

歴史から逃れることはできません。 それは私たちの現在を形作り、私たちの未来を形作ります。 しかし、ヴァレンティノの 2024 年春夏コレクションは、歴史の現代的な再考を提案し、それに応えています。 それは進行中の対話であり、今日の世界で男性であることが何を意味するかについての先入観に挑戦します。

3 ヴァレンティノ 2024 年春夏メンズウェア Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

ナラティブ コレクションでは、ヴァレンティノはエレガンスと脆弱さを難なく融合させ、優雅さと落ち着きで男性らしさを再定義します。 このコレクションは、物事は壊れるかもしれないが、人生はその損失を補うために自らを再配置するということを私たちに思い出させます。 ヴァレンティノの 2024 年春夏メンズウェア コレクションは、本当に素晴らしい形で、変化、進化、人類の不屈の精神の本質を捉えています。

「私たちはとても年をとったのに、また若返ったんだ。」 – 柳原半也『小さな命』

ヴァレンティノ 2024 年春夏メンズウェアのルックスをすべて見る



ミラノ、Municipio 1、イタリアから投稿されました。