バレンチノオートクチュール2024年春夏

ヴァレンティノ 2024年春夏オートクチュール「ル サロン」。ストーリー: Eleonora de Gray、編集長 RUNWAY 雑誌。写真/ビデオ提供: ヴァレンティノ。

ファッションの最も高貴な表現の進化を目撃してきた金色のサロンに囲まれた壮大なヴァンドーム広場で、ヴァレンティノの 2024 年春夏オートクチュール コレクションは、ピエールパオロ ピッチョーリの芸術性と工芸への取り組みの証として展開されました。

4 ヴァレンティノ オートクチュール 2024 年春夏 Runway Magazineに

ヴァレンティノ クチュール 2024 春夏 詳細 Runway Magazineに
3 ヴァレンティノ オートクチュール 2024 年春夏 Runway Magazineに

ヴァレンティノの創造的マエストロであるピエールパオロ ピッチョーリは、現代的なものと時代を超越したものをシームレスに融合させ、 runway 創造への衝動を本能的に表現します。メゾンのパリでの演説は、現代性を取り入れただけでなく、クチュール本来の儀式的な神秘性も維持したショーの完璧な背景を提供しました。

コレクション自体は、形、ボリューム、シルエット、カットの見事な探求でした。 Pierpaolo Piccioli は、ばかげた物語や難解なサブテキストに頼ることなく、伝統的なテンプレートと改訂されたワードローブの基本が衝突する一連のクチュール オブジェクトを発表しました。ブレザー、男性的なコート、パーカー、パーカーは、独特の組み合わせによってクチュールの驚異に変身し、観客に忘れられない痕跡を残しました。

エメラルド グリーンのシルク ファイユのブイロネ ミニドレスとマスタード テクノ ギャバジンのオーバーサイズ ブレザーが並べられ、コレクションを特徴づける逆説的なエレガンスを体現しました。ターコイズブルーのタフタのふかふかのボールガウンと、立ち上がった羽根で飾られたカーキグリーンのギャバジンのボクシーなパーカーの組み合わせは、ピッチョーリの大胆で想像力豊かなアプローチを表しています。

しかし、この前衛的な実験の中でも、ピエールパオロ ピッチョーリはオートクチュールの本質に忠実であり続けました。彼にとって、クチュールは作家としての究極の特権的な空間であり、そこでは完璧の追求と実験への意欲が真の表現を見出します。このコレクションは彼のローマ感覚主義的なアプローチを体現しており、人間性と魅力が注入されており、視覚的なスペクタクルだけでなく感情的なつながりを生み出しています。

オートクチュールの生息地を反映した付属の物語は、伝統を尊重しながらも現代生活におけるコレクションのルーツを強調しました。ピッチョーリのビジョンでは、サロンは回帰と出発の両方、つまり過去の認識と未来への提案を表しています。この言葉は、オートクチュールが単なる衣服ではなく、具体的で感覚的な経験である、特定の儀式や儀式を通じて夢が実現する空間の絵を描きました。

2 ヴァレンティノ オートクチュール 2024 年春夏 Runway Magazineに

1 ヴァレンティノ オートクチュール 2024 年春夏 Runway Magazineに

人工的なものに夢中になっている時代に、ヴァレンティノの 2024 年春夏オートクチュール コレクションは、本物の証として登場しました。ジュエリーの重力に逆らう無限のゴールドのリボンから、織物や技術の細心の注意を払った職人技に至るまで、すべての作品は人間の創意工夫の芸術を讃えています。ヴァンドーム広場にあるヴァレンティノのサロンは、豊かな歴史と親密な雰囲気を持ち、このランデブーのためのユニークな舞台、つまりプライベートな熟考と根本的な再文脈化の場として機能しました。

この新しいコレクションに示されているように、ピエールパオロ ピッチョーリのオートクチュールに対する優れた感情は、ファッションを超えています。それは感覚に訴え、概念を超越します。 runway、核となる価値観や考え方をリセットする深い体験を提供します。ピッチョーリが生み出した現代性と伝統の調和のとれたシンフォニーは、オートクチュールが時代を超越したエッセンス、つまり着付けの芸術の真の祭典であることを再確認します。

すべてのルックスを見る ヴァレンティノ オートクチュール 2024 年春夏

詳細の選択を参照してください。 Runway



フランス、パリ4区からの投稿です。