リチャード・クイン 2024年春夏

リチャード・クイン 2024年春夏 「ディオールらしい、ディオールっぽい…DIOR」。 ストーリー: Eleonora de Gray、編集長 RUNWAY 雑誌。 写真提供:リチャード・クイン。

リチャード・クインは、2024年春夏コレクションに興味をそそられ再びファッション界を去ったが、今回の陰謀はディオールの伝統との驚くべき類似点に集中しているようだ。 前シーズン、クインはハウス オブ ディオールの歴史とその象徴的なデザイナーについての深い知識を披露しました。 しかし、彼の最近のコレクションと現在のディオール クリエイティブ ディレクター、マリア グラツィア キウリの作品の間に描かれた顕著な類似点を無視することはできません。

ファッションの世界では、インスピレーションは諸刃の剣です。 デザイナーが同時代人や先人からインスピレーションを得ることは全く問題ありませんが、敬意を払うことと、他人の作品を模倣することの間には紙一重があります。 クインの最新コレクションは、この方針にかなり近いものを示しているようだ。

1 リチャード・クイン 2024年春夏 vs ディオール 2023年春夏

昨シーズン(2023年秋冬~2024年), ファッション愛好家は、クインの作品とジョン・ガリアーノがディオール在籍中にデザインした作品との紛れもない類似点に魅了されました。 それは間違いなく、ガリアーノの芸術的天才へのオマージュでした。 しかし、今シーズンのインスピレーションがマリア・グラツィア・キウリのデザインに移ったとき、そのオリジナリティに疑問を抱く人もいるかもしれない。

クインの 2024 年春夏コレクションのハイライトは、再現されたケージスカートです。 キウリのクリエイティブ ディレクションによるディオールの特徴的な要素. 模倣はお世辞の一種である可能性がありますが、このレベルの模倣が盗用に近いのか、それとも斬新な創造的なアイデアの欠如なのかを問うことが重要です。

イノベーションと限界の押し上げで繁栄する業界では、デザイナーが独自のビジョンを世界にもたらすことが不可欠です。 runway。 クインの熟練した職人技とストーリーテリングの能力には疑い​​の余地がありません。 しかし、彼の最近の作品にはディオールの影があまりにも大きく迫っているようだ。

3 リチャード・クイン 2024年春夏 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

4 リチャード・クイン 2024年春夏 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

5 リチャード・クイン 2024年春夏 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

6 リチャード・クイン 2024年春夏 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

ファッション愛好家は、ファッションの歴史家としてだけでなく、デザイナーとしてのクインの進化を目撃することを期待していました。 先人の偉人たちに敬意を払うのは悪いことではありませんが、彼らの影響から自由になり、紛れもない独立したアイデンティティを確立することも同様に重要です。

結論として、リチャード クインの 2024 年春夏コレクションは、特にマリア グラツィア キウリのクリエイティブ ディレクションのもと、ディオールへの驚くべきオマージュである可能性があります。 しかし、ファッションの世界におけるインスピレーションと複製の境界線については、当然の疑問が生じます。 クインは間違いなくファッション業界で独自の道を切り開く才能と専門知識を持っており、今後のコレクションにはディオールの影響ではなく、彼のユニークな声がより反映されることを願っています。

Richard Quinn 2024 春夏コレクションをすべて見る



イギリス、コベントガーデン、ウェストミンスター市からの投稿。