ラルフ ローレン フォール 2024-2025

ラルフ ローレン 2024-2025年秋冬「52年間のタイムレスなスタイル」。ストーリー by RUNWAY 雑誌。 写真提供:ラルフローレン。

ファッションの歴史の半世紀以上を記念する祝典の中で、ラルフ ローレンの 2024 ~ 2025 年秋冬コレクション ショーは、そのルーツへの心のこもった旅をしました。ニューヨーク市にあるラルフ ローレンのプライベート デザイン スタジオ内で開催されたこのイベントは、1972 年に開催されたラルフ ローレン初のウィメンズウェア ショーを見事に再現し、参加者とファッション コミュニティの両方に一周する瞬間を提供しました。

2 ラルフローレン 2024年秋冬 2024 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

3 ラルフローレン 2024年秋冬 2024 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

ローレンの 52 年前の最初のショーの設定、つまり彼のオフィスでの謙虚だが野心的なプレゼンテーションは、この最新の展示を反映していましたが、ブランドとファッション業界の進化を浮き彫りにする顕著な違いがありました。 1972年の聴衆は主に編集者や業界関係者で構成され、グレン・クローズ、ジェシカ・チャステイン、ケリー・ワシントンなどの著名人が集まった今年とは対照的で、今日のラルフ・ローレンが持つ幅広い魅力とスターがちりばめられた魅力を示していた。以前のショーには特になかったが、ポロ バーでのショー後のディナーなどの現代的な追加物があり、モデルが着用したものをフィーチャーした。 runway ラルフ ローレンの経験が、より没入型で拡張されたファッションの祭典にどのように変化したかを強調しました。

ラルフ ローレンの美学は驚くほど一貫しており、時代を超越した個人主義的なスタイルに対する彼のビジョンの証です。 「私がデザインする女性は、内なる自信から来る美しさを持っています」とローレンはプレスリリースで述べています。この精神は、ビリー・ジョエルの「Just the Way You Are」が流れるショー全体を通して明白であり、本物の色あせない美しさに対する永続的な評価を象徴していました。

4 ラルフローレン 2024年秋冬 2024 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

5 ラルフローレン 2024年秋冬 2024 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

この夜の注目の的となったクリスティ・ターリントンは、時代を超越したスタイルに対するローレンの献身的な姿勢を体現していました。 RL 888 レザー トートをアクセントにしたきちんとした仕立ての服を着たターリントンは、ローレンとの初期の出会いに関する個人的な逸話を共有し、ローレンがファッション業界で培ってきた深い個人的なつながりを強調しました。

常に映画的なアプローチをとったローレンのデザインには、おそらく近日公開予定のケビン・コスナー映画「ホライゾン」からインスピレーションを得た、西洋の美学へのうなずきが含まれていました。レザーのホース ラングラー ジャケット、ネッカチーフと組み合わせたスエード パンツ、10 ガロン ハットなどの要素が、参加者を険しいアメリカ西部へと連れて行きました。ローレン自身もこのテーマを受け入れ、カラフルなウエスタン シャツとお気に入りのジーンズを着て登場し、その活気に満ちた本物のプレゼンテーションでスタンディングオベーションを獲得しました。

  runway また、分厚いカーディガンとカクテルドレス、シルクシャルムーズシャツとガンメタルグレーのロングスカートの上にピンストライプのジャケットを合わせた衣装など、都会的な洗練さとレッドカーペットの魅力も特徴だった。フィナーレは、ダイヤモンドのファセットのように光を捉えて反射するビーズのガウンで輝き、観客は細心の注意を払った職人技とエレガンスに畏敬の念を抱きました。

6 ラルフローレン 2024年秋冬 2024 Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

ラルフ ローレンの 2024 ~ 2025 年秋冬コレクション ショーは単なるファッション イベントではありませんでした。それは豊かな遺産へのオマージュであり、現代のトレンドを取り入れながら伝統を生かし続けるという前向きな約束でもありました。出席者はラルフ ローレンのスタジオを後にする際、常に個々のスタイルの強さと時代を超越したファッションの美しさを称賛してきたブランドに対する新たな認識を持ち合わせました。ラルフ ローレンは、52 年経った今でも、進化し続けるファッションの世界でクラシックなデザインと絶え間ない革新の柱として立ち続けています。

ラルフローレン 2024-2025 年秋冬コレクションをすべて見る



アメリカ合衆国、マンハッタン、ニューヨークから投稿されました。