モスキーノ春夏2020ミラノ

















パブロ・ピカソの広大な作品からインスピレーションを得たモスキーノの2020年春夏コレクション。 モデルを額縁に入れるというアイデアはそれほど新しいものではありませんが(Designers Viktor&Rolfのアイデア)、ジェレミースコットはそれを非常にカラフルにしたため、ある時点でモデルはロシアの青と白のセラミック「Gzhel」のように見えました。

モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに
モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに
モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに
モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに

パブロ・ピカソの絵画がメインテーマで、モデルはキュビズムのギター、スペインの闘牛士、または平和の鳩のように見えました。 不思議なことに、この2020年春夏のミラノファッションウィークのショーの一部のキャラクターは、ベラハディッドがハーレクインのような格好をしていたように、「真っ青」でした。

モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに
モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに

ジェレミースコットは確かにこのミラノファッションウィークをシュールにしました。 「私はクチュールの雰囲気で遊びたかった…オペラ、ロザリア、ヴィンテージのアルモドバル」と彼は言った。

モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに
モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに

自称「キャンプの王」の手に渡ったコレクションは、難解なものではありませんでした。 結局のところ、スコットはアーティストのロレイン・オグラディに触発された実際の金色の額縁もデザインしました。これは、2019年のキャンプをテーマにしたメットガラのトレーシーエリスロスのレッドカーペットルックを構成しました。

モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに
モスキーノ2020年春夏ミラノby Runway Magazineに