バレンシアガ2022年秋ロストテープ

















バレンシアガ2022年秋ロストテープ。 エレオノーラ・デ・グレイ編集長によるレビュー RUNWAY マガジン。

このショーとコレクションについては、何も言うことはありません。 そして、私が何も言わないとき–私は何も意味しません。 私が付け加えるかもしれないが、これは最高の状態では絶対的な無である。 翻訳:「無は生命または存在の欠如または停止です。」 また、「何もないことは、無価値、無意味、無意味です。」

混沌と偽造のデムナによる2022年秋バレンシアガ- RUNWAY マガジン
混沌と偽造のデムナによる2022年秋バレンシアガ– RUNWAY マガジン

に配布されたプレスリリースを言い換えようと思っていました media 想像する角度を残さずに。 しかし、それだけの価値があるかどうかはわかりません。 「ああ、すごい、とてもモダンで、シルエットはとても現代的だ」という批評家を読んだことがあります…

本当に? 誰をからかっていますか? アディダスの逃亡者は過去60年間存在し、労働者の服装は過去100年間存在し、それについて流行しているものはなく、確かに新しいものはありません。 労働者の服装で2500€? ええと…本当に欲しいなら専門店で60€で手に入れましょう。 少なくとも、上着の品質ははるかに良くなります。 結局のところ、プロの服を作る会社は何世代にもわたってそれをやっていて、本当にそれをする方法を知っています。

そして…それを芸術的な見方や実生活についての反省とは呼ばないでください。 それについて芸術的なものは何もありません。 労働者の服装から取ったデザインは、ひどく構成されています–それがすべてです。 これは、これが退廃であり、創造性とスタイルの欠如であるという概念ではありません。 そして、ケリングラグジュアリーグループがバレンシアガのファッションハウスを買収して以来、このようになっています。 誰もがバレンシアガによって複製され、3500ユーロで販売されたイケアバッグの物語を覚えています。それはコンセプトとして、イケアバッグの正確なレプリカであり、アートまたはコンセプトとして受け継がれています。 ええと…それについては何も芸術的ではありません。 アイデアを作成したり、作成したり、他の人から盗んだりすることはできません。 この主題をどのように変えても、意味は同じです。盗難を芸術的なラッパーでカバーする方法はありませんが、盗難は依然として盗難です。

Kering Luxury Group LOVEは、アートコンセプトで盗難をカバーしています。 それは、ケリングが所有する別のファッションハウス、グッチとダッペルダンに関するものです。 KeringのCEOであるFrançois-HenriPinaultは、過去XNUMX年間、宣伝キャンペーンを開始し、購入しました。 media、世論を作成し、偽造品を正当化しようとします。 しかし実際、彼は偽造パンデミックを開始しました。

ストーリー「CelebratingCounterfeit–François-HenriPinaultat CFDA FashionAwards2021」をここで読んでください。

混沌と偽造のデムナによる2022年秋バレンシアガ- RUNWAY マガジン
混沌と偽造のデムナによる2022年秋バレンシアガ– RUNWAY マガジン

そして、それは私がファッションのいくつかのスタイルを好きまたは嫌いではありません、それは私がそれを退廃として見る以上のものであり、基準、道徳、尊厳、ファッションスタイルなどの知覚された衰退を指します。 バレンシアガのデザイナー、デムナ・ヴァザリアは、 バレンシアガ、パリの高級ファッションハウス。ちなみに、名誉ある歴史があります。 それについて「すごい」ことは何もありません。

そうそう…もちろんコンセプト。 しかし…過去を調べ、プレゼンテーションやショーを行うこと、および/または runway 70年代と地下で行われたように見えました。 アンチファッション、脱構築それはどれほど新しいことができますか?

破壊や崩壊を知的化し、それを持たないものに意味を与え、決して持つことを意図していませんでした。これが、2022年秋に向けたバレンシアガの「新しく、非常にモダンで、非常に身につけられる」ファッションです。

バレンシアガのデザイナーであるデムナ・ヴァザリアがこれからどのように呼ばれるかに関するプレスリリースに重要な注意が追加されました。

デムナ…ただのデムナ! それともただの悪魔…破壊と偽造の悪魔? 混沌のデムナ…

この宗教的な意味をここに持ってきて申し訳ありませんが、それはただそれを求めただけです…そしてそれは実際に理にかなっています。 これがまさにコンセプトです。

混沌と偽造のデムナによる2022年秋バレンシアガ- RUNWAY マガジン
混沌と偽造のデムナによる2022年秋バレンシアガ– RUNWAY マガジン

バレンシアガ2022年秋ロストテーププレスリリース

「バレンシアガの22年秋季プレゼンテーションは、過去からのメッセージの形で提供されます。 アンチファッション、脱構築、単色のミニマリズムなど、生のアイデアで生きていた服が、業界のスペクタクルからアクティブなアンダーグラウンドまで、どこにでも見られた時代を思い起こさせます。 The Lost Tapeのファッションショーは、ハーモニーコリンが監督した、この90年代後半の時代を定義した人々や物事が特徴です。 コレクションは、バレンシアガの忘れられた年とのギャップを象徴的に埋めています。 Raverとpost-grungeのシルエットは限界に達しています。 プロポーションは、バスクのウエストジャケットやトラックスーツなどのバレンシアガのシグネチャーを含む、新しいシルエットを作成し、他のシルエットを進化させて遊んでいます。 前から後ろへの作品は、クロージャーの配置、テーラードになるためのリバースエンジニアリング構造に疑問を呈するクラシックなスーツとツイードドレスの研究です。 超伸縮性のあるニットは、これらの縮んだツインセットを簡単に着用できます。

バレンシアガのアイコンは、モダンな快適さのために再考されています。ベル型のパーカーは、首に取り外し可能なトラベルピローが付いています。 従来のピースをひねって、バスローブとトレンチコートの間にクロスを作成します。 ヴィンテージのスリップドレスは分解され、つなぎ合わされます。 XNUMXポケットのジーンズは、ミニスカート、パンツ、またはXLサイハイブーツとして着用できるスリーピースのシルエットを作成するためにカットされています。 滑らかな仕立ては、コレクションのベルギーの前衛的なトーンで、分解されたスーツに裏地のないラグランスリーブを与えます。 リラックスしたローライズのパンツとジーンズは、ダブルBベルトの上に下着のウエストバンドがあり、細長く見えます。 オートクチュールのようなベル型のフグの取り外し可能なリボンは、スカーフとして使用できます。 ラップクロージャーは、特大の安全ピンなど、DIYの固定方法を使用します。 ショーの最初の外観は、手袋をはめたトップとXNUMXポケットのパンタブーツの最初のペアで首から下に体を密封します。

掘削機は、カウボーイブーツに着想を得たサイハイウェーダーです。 ケンジントンはユニセックスの四角いつま先のバレリーナフラットで、スリッパのように履きます。 Falkon Bootは、幅広でしなやかなアッパーを備えており、シルエットにボリュームを与えています。 Lindsay Bagは、座屈した90年代の財布に触発されたバレンシアガのクラシックを再解釈します。 ウエストバッグはベルトで留められ、中央に締められています。 フロントフラップの財布であるメトロバッグは、合成皮革のニットコードと巨大な金属チェーンで作られています。 エモバッグは、グロメットのフェチストラップ、追加のハードウェア、スーパーストーンウォッシュドレザーを組み合わせたものです。

責任ある生産への取り組みは継続しており、今シーズンは89.6%の認定を受けた持続可能な無地と印刷された既製の生地、および衣服やアクセサリーに使用されるアップサイクルレザーの断片で表されます。

重要な注意:これ以降、デムナは彼の名のみを使用し、アーティストのタイトルと出生名を区別して、創造的な作品と私生活を区別します。 今後のすべての報道で、彼は単にデムナと呼ばれることを選択します。」

バレンシアガ2022年秋ロストテープルックブック



フランス、パリからの投稿。