ヴァレンティノ 秋冬 2024-2025 ル ノワール

ヴァレンティノ 2024-2025 年秋冬コレクション「ル ノワール : ア シンフォニー イン ブラック」。ストーリー by RUNWAY 雑誌。写真/ビデオ提供: ヴァレンティノ。

パリの中心部、オテル ド メゾンの歴史的な城壁の中で、ヴァレンティノは、ピエールパオロ ピッチョーリの洞察力のある目のもと、最新のサルトリアルの物語を発表しました。 2024-2025年秋冬コレクションは、ヴァレンティノ・ル・ノワールと名付けられ、黒の無限のスペクトルを深く探求するものとして登場し、テクスチャー、カット、刺繍、パターンの見事な遊びを通して伝統的な色の限界に挑戦しました。今シーズンは、ヴァレンティノの名高いエレガンスが再考され、生地とフォルムの間の対話が表現され、黒は色としてだけでなく、革新のためのキャンバスとしても機能します。

黒の特異なビジョン

Pierpaolo Piccioli の Valentino Le Noir は、単色パレットの力の証です。コレクションは全体的に黒を採用することで、ヴァレンティノ ブ​​ランドの特徴である職人技と複雑なディテールを際立たせています。シンプルさと均一性を連想させる色である黒を選択すると、光の器となり、その中にあるさまざまな色合いやニュアンスが明らかになります。この焦点を絞ったレンズを通して、あらゆるテクスチャー、カット、装飾が増幅され、それぞれの衣服の素材の仕上がりが輝きます。

1 ヴァレンティノ 2024 年秋冬、2024 年秋冬、2025 ル ノワール Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

2 ヴァレンティノ 2024 年秋冬、2024 年秋冬、2025 ル ノワール Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

再解釈されたヴァレンティノのクラフツマンシップ

ヴァレンティノの特徴的なコードと素材(ヴォラント、アルトリリエボ、強烈なベルベット、クレープ)は、ル ノワールで再解釈され、独特の黒の色合いで統一されています。この統合は、スタイルの選択としてだけでなく、物語の装置としても機能し、ピッチョーリはその色を活用してブランドの絶妙な職人技を高め、強調しています。このコレクションは、ヴァレンティノの古典的な言語を再考し、細部へのこだわりと物質性が最優先される現代の状況に適応させた研究となっています。

闇の中の光

ピッチョーリの黒に対する哲学的アプローチは、単なる色の選択としての役割を超え、黒を芸術的表現のための媒体に変えます。 「ル・ノワール。私は黒をユニフォームとして着ていますが、それを意識していますし、周りにあるものに集中できるので、それが気に入っています」とピッチョーリは振り返る。黒という色をキャンバスとして内省的に解釈することで、光を探し、吸収し、反射するシルエットの作成が可能になり、さまざまな個性の構成、つまり光が最も貴重な秘密である合唱建築を具体化します。

3 ヴァレンティノ 2024 年秋冬、2024 年秋冬、2025 ル ノワール Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

4 ヴァレンティノ 2024 年秋冬、2024 年秋冬、2025 ル ノワール Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

5 ヴァレンティノ 2024 年秋冬、2024 年秋冬、2025 ル ノワール Runway アフリカ⇔日本の情報雑誌発行

協力的な勝利

ヴァレンティノ・ル・ノワールの実現は集団の成果であり、ピッチョーリもその思いを温かく認めています。「私と一緒に光を探してくれたチームに感謝します。私たちはそれを実現させました。グラツィエ。」この感謝の言葉は、コレクションの根底にある協力精神を強調しており、それぞれの作品は共有されたビジョンと芸術性への骨の折れる献身の結果です。

ヴァレンティノ ル ノワール 2024-2025 年秋冬コレクションは、黒を大胆に再考し、その色を質感、光、影の深い探求に変えています。 Pierpaolo Piccioli の先見の明のある方向性の下、Valentino はハイ ファッションの境界を再定義し続け、真の革新はしばしば最も予期せぬ場所にあることを改めて証明しました。ル ノワールの暗闇の中で、ヴァレンティノはその光を見つけ、エレガンス、洗練、そして美しさへの揺るぎないこだわりで前に進む道を照らします。

ヴァレンティノ ル ノワール 2024-2025 年秋冬コレクションをすべて見る

すべての詳細を見る



フランス、パリ4区からの投稿です。