ランバン春夏2022対バットマン

ランバン春夏2022対バットマン「コミックストリップ」。 エレオノーラ・デ・グレイ編集長によるレビュー RUNWAY マガジン。

今日ランバンのためにデザインをしているブルーノ・シアレッリは、ランバンのブランドの伝統、アイデンティティ、そしてDNAから完全に離れることを決心しました。 ランバンファッションハウスの美しい歴史、実際には歴史上最初のファッションハウスは、当時のテーラーのための新しいマーケティング戦略を発明したジャンヌランバンによって設立されました。彼女は、スカートをカットして少し短くした最初の人でした。 このフランスのファッションハウスが世界に提供していたXNUMX世紀以上の素晴らしいエレガントな作品。 ランバンハウスの歴史をここで読んでください。

ランバン春夏2022バットマン RUNWAY マガジン
ランバン春夏2022バットマン RUNWAY マガジン

しかし、それはすべて過去のものであり、ゴミに捨てられました。 今日エレガントなルックスが必要な人は、私たち全員がパーティーに行くことができるときに、おそらくブルーノ・シアレッリが考えたのです! 空白のページ、最初から始めることは、おそらく新興ブランドにとっては良い考えですが、ブルーノ・シアレッリが店でマリネすることによって設計された過去2シーズンの非常に高価な作品をまだ持っているブランドにとってはそうではありません。 デザイナーの瞬きの選択は、興味や成功をもたらしませんでした。 ブルーノ・シアレッリは彼のインタビューで 流行 彼が有名人にいくつかの作品を売ったことを喜んでいること。 そしてそれが彼がさらに進むことに決めた理由です。

スーパーヒーローは間違いなくここにいませんでした。 バットマンはいたるところにありました:バットマンで飾られた金属製のゲイザードレス、バットマンで飾られたブラウスとスカート、バットモービルバッグ。

おそらく、ファッションハウスのランバンをバトビンに改名し、オークションでその家のアーカイブを販売する良い機会かもしれません。 とにかく誰がそれらを必要としますか? バットマンのパーティータイムです。

ランバン春夏2022バットマン RUNWAY マガジン
ランバン春夏2022バットマン RUNWAY マガジン

そこでブルーノ・シアレッリはプレスリリースで「女性の精神のさまざまな側面」をよく反映してバットマンを思いついたと述べ、今こそパーティーを開いて変装する時です。 彼が子供の頃、彼はバットマンに触発されたので、バットマンはそうです。

これらのハロウィンコスチュームのスタイリング、ランバン春夏2022コレクション、つまり、彼は明らかにエレガンスを忘れていたので、見た目はかなり安いです。 次のインスピレーションは、ハロウィーンパーティーで男性にとても愛されているコスチュームであるSLUTTYNURSEだと思います。

ナオミ・キャンベルは、大きな黒いマントを着たバットマンのような格好をしたランバンのショーを締めくくりました。 誰かが昨夜間違いなく彼女をフラッシュした…

唯一の問題は、ランバンファッションハウスがどれくらい続くかということです。 2〜3シーズン以上? そして、彼らは間違いなく救助するためにスーパーヒーローが必要になります。 何かが残っている場合は…ソニアリキエル、ニナリッチ、ランバンが次になります…

ランバン春夏2022バットマン RUNWAY マガジン
ランバン春夏2022バットマン RUNWAY マガジン

すべてのルックスを見るランバン春夏2022バットマン



フランス、パリからの投稿。