スキャパレリ クチュール 2024-2025 秋冬

スキャパレリ クチュール 2024-2025 秋冬コレクション「THE PHOENIX」 – 再生と時代を超えた革新の証。ストーリー RUNWAY 雑誌。 写真提供:スキャパレリ。

アーネスト・ヘミングウェイが描いた芸術的変容からインスピレーションを得た、スキャパレリの2024-2025年秋冬クチュールコレクションは、「THE PHOENIX(不死鳥)」と名付けられ、アートとファッションの変革力への鮮やかなオマージュです。このコレクションの真髄を掘り下げていくと、エルザ・スキャパレリの遺産が保存されているだけでなく、灰から再び蘇る不死鳥の神話的能力を反映して、各作品で活気づいている様子がわかります。

1932 年 XNUMX 月までに、エルザ スキャパレリはファッション界の先駆者としての地位を固めました。大胆に生活と芸術を融合させたことで知られるスキャパレリは、神秘的な雰囲気をまとった人物で、しばしば捉えどころのない人物、あるいはとんでもないほど大胆な人物とみなされていました。サルバドール ダリなどの人物とのパートナーシップは、創造性と前衛性を融合させる彼女の才能を強調し、芸術的自由と革新の象徴となりました。

彼女の改革に対する評判は、1941 年にパリのレストラン「アンバサダー」のグランド オープニングで実証されました。彼女はジャン デュナンが描いたドレスに、コック フェザーのストールを合わせました。この衣装は、故バレリーナのアンナ パブロワへのトリビュートであるだけでなく、再生の象徴であるフェニックスのように、スキャパレリの個人的および職業的な再生の表明でもありました。

2024-2025年秋冬コレクションは、エルサの復活の才能の証です。それぞれのアンサンブルは、構想から完成まで、つまりスケッチから生地に至るまでの進化を明確に表現しています。シルエットは大胆で、テクニックは細心の注意を払っており、すべてのディテールは、ヘミングウェイの執筆へのアプローチのように、強烈でありながら抑制された感情を呼び起こすように作られています。

このコレクションは、魅了し、神秘的に見せるためにデザインされています。折り畳まれたベルベットの羽の複雑さから、3 つのオーガンザのスパイクの鋭さまで、各要素は、見る人の視線を引き付け、注目を集めるように設計されます。これは単に美学に関するものではなく、ファッション アートを通して見る人を感情の旅に引き込むことです。

スキャパレリ ブランドは、購入という行為を超えています。その作品は購入されるのではなく、コレクションされるのです。これは、メゾンとその顧客との深いつながりを物語っています。この文脈において、オートクチュールは単なるファッション以上のものになります。それは、作り手と着用者との個人的な対話であり、灰から蘇る不死鳥のように、それぞれの作品が着用者に再生を体現させる親密な交流なのです。

「THE PHOENIX」コレクションで、スキャパレリは、その歴史的ルーツを参照したり、象徴的な創始者を称えたりするだけではありません。オートクチュールの世界の一員であることの意味を再定義します。それは単に服を作ることではなく、再生、回復力、そして不朽の美しさの遺産を作り上げることです。このコレクションは、ファッションの変革力を信じるすべての人への警鐘であり、絶え間ない改革と時代を超越したエレガンスの旅です。スキャパレリは、このコレクションを通じて、神話のフェニックスのように、ファッションにおける革新と創造性の精神が永遠であることを保証しています。

スキャパレリ クチュール 2024-2025 秋冬コレクションの全ルックを見る



フランス、パリ4区からの投稿です。